一泊二日で宮城を堪能!~牛たん・伊達政宗・「日本三景」松島を楽しむ~

全国16位の面積を誇る宮城県、その全てを関東発一泊二日で見て回るなんて無理な話です。宮城県といえば、やはり仙台の牛たん、伊達政宗、そして「日本三景」で知られる松島…今回は、この3つに絞って宮城旅行を楽しんできました。東日本大震災で数多くの犠牲者を出した宮城県。しかし、みなさんの復興への情熱の甲斐あって、観光地は活気に満ち溢れていました。もちろん、まだまだ復興が遅れている地域もあると思いますが、せめて私たちにできることは、宮城へ観光に訪れることではないでしょうか?さあ、いざ宮城へ!

やはり本場の牛たんは違う!

何を隠そう、私の好きな食べものランキングでTOP3に入る牛たん。本当においしいですよね。牛たん好きなら、やはり、牛たんの本場、仙台の牛たんを味わってみたいもの。ただ、お店選びに悩まされました。牛たん専門店、しかも有名店が多すぎです。

牛たん炭焼 利久

もはや全国区の牛たん炭焼き 利休ですが、やはり、本拠地で食べたいところ。

伊達の牛たん本舗

こちらも東京進出している有名店ですが、やはり、本店の味を確かめたいところ。

味の牛たん 喜助

喜助も全国区の有名店です。

味太助本店

仙台の牛たん焼き発祥のお店です。

旨味太助

味太助からのれん分けしたお店。味太助の味を受け継ぐ分店です。

たんや善治郎

仙台駅内、牛たん通りにもあるたんや善治郎。サクッと噛みきれる食感と塩の旨味を楽しむ昔ながらの牛たんです。

牛タン焼専門店 司

地元のお客さんに人気のお店。肉の柔らかさ、旨味、焼き加減に定評があるようです。

牛タン料理閣

牛たん焼きはもちろん、牛たん刺身や牛たんたたきなどの変わり種メニューも魅力。

牛たん若

気軽に牛たんを楽しめる価格がうれしいお店です。お店の心意気がありがたいですね。

青葉亭

伊達の牛たん本舗の姉妹ブランドです。

などなど、悩み抜いて決められない場合には、仙台駅内・牛たん通りに行くといいですよ。牛たん炭焼 利久・味の牛たん 喜助・たんや善治郎・伊達の牛たん本舗などの有名店が揃っています。

また、仙台駅周辺には、あちこちに牛たん屋さんがあります。かくいう私は、悩みに悩んだ結果、今回は牛たん炭焼 利久 西口本店さんに決めました。

もちろん、おいしかったです。牛たんの厚さ、柔らかさ、普段食べている牛たんとは違いますね。また、仙台に牛たんを食べに来たい!です。

仙台のお泊り ご予約は下記画像を↓↓↓

仙台の象徴、伊達政宗像と青葉山公園

大人ISM

仙台といえば、牛たん共に有名なのが伊達政宗像ですね。伊達政宗像は、仙台の市街地を一望できる青葉山公園内にあります。青葉山公園からの眺めはよく、気持ちよかったです。

大人ISM

伊達政宗像は、風格があり、“おぉ~、これが伊達政宗か~”としみじみ眺めてしまいました。

余談にはなりますが、伊達政宗といえば、仙台いや日本を代表する人気の戦国武将の一人ですが、「ミス・ワールド2018世界大会」の日本代表に、伊達政宗直系の21代目の子孫である伊達佳内子さんが選ばれました。スゴイですね。21代目の子孫ってわかるところが、由緒ある名家ですよね。

大人ISM

話は青葉山公園に戻ります。ここにも東日本大震災の爪痕が…大きなトンビの像があるのですが、東日本大震災の際に落下して、破損してしまったそうです。

平成28年10月に修復作業は完了したものの、安全性を考慮して、塔の上に戻さず、下に設置してあるのだそうです。長年の歴史あるものが破損してしまうなんて、東日本大震災の凄まじさを感じると共に、痛々しい気持ちになりました。

それでも人は前を向いて進んでいくんですよね。がんばれ仙台!がんばれ宮城!がんばれ東北!

洗練されたホテル ご予約は下記画像を↓↓↓

「日本三景」の貫禄、日本の美…松島

大人ISM

京都の天橋立、広島の宮島と並び日本三景の一角を担う宮城の松島。日本を代表する、日本らしい絶景であることに間違いありません。

大人ISM

小さな島がたくさん点在する松島の地形のおかげで、東日本大震災の際も、比較的被害が小さかったのだそうです。

そんな話を聞いたせいもあり、松島の印象は、何か貫禄があるように感じました。日本三景の風格と東日本大震災をも乗り越えたことが、貫禄につながったのでしょう。

大人ISM

おすすめは、松島海岸から福浦橋を渡り、福浦島の散策です。大人200円小人100円(2018年8月現在)の通行料がかかりますが、1周30分~1時間位のちょうどいいお散歩コースです。

大人ISM

所々にあるビュースポットや休憩場所で、のんびり風景を楽しみながら、ゆっくり島を歩けば、とても気持ちいいですよ。

大人ISM

足腰に自信があれば、綱を探りながら歩く岩場もあります。ちょっとした探検気分が味わえます。くれぐれも無理は禁物です。自分の足腰と相談してみてください。また、ウオーキングシューズのような歩きやすい靴をはいて行った方がいいですね。

大人ISM

今回は時間がなくて乗れませんでしたが、遊覧船に乗ったり、少し離れた新富山や双観山からの眺めも良さそうです。次回は、もう少し時間を取って松島を楽しみたいですね。

新鮮なお魚は食べられましたが、大好きな焼きガキの食べ放題も時期的にやっていなかったので、次回はカキのシーズンにまた来ます。

松島が目の前 ご予約は下記画像を↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です